「いちばんわかりやすい相続・贈与の本」曽根恵子著

公開日:  更新日:

 相続や贈与の仕組みは複雑で、素人にはてこずるものばかり。本書は昔なつかしい受験参考書を思わせるデザインで制度と仕組みを具体的なケースを想定して詳しく解説する。

 たとえば代々の旧家で子どもが6人。親とは次男が同居してきたが、他の兄姉たちも均等分割ばかりを主張して話がまとまらないときはどうするか。不動産の評価額を下げて土地を守りたい場合はどうするか。事実婚(内縁関係)の相手が亡くなった場合の、相手方の相続はどうなるのか。かねて仲の悪かった長男には相続させず、世話をしてくれた長女だけに相続させたいときはどうするか、など。結論の中には厳しい現実も見え隠れする。相続や贈与は夢のような話ばかりではないのだ。

(成美堂出版 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る