「いちばんわかりやすい相続・贈与の本」曽根恵子著

公開日: 更新日:

 相続や贈与の仕組みは複雑で、素人にはてこずるものばかり。本書は昔なつかしい受験参考書を思わせるデザインで制度と仕組みを具体的なケースを想定して詳しく解説する。

 たとえば代々の旧家で子どもが6人。親とは次男が同居してきたが、他の兄姉たちも均等分割ばかりを主張して話がまとまらないときはどうするか。不動産の評価額を下げて土地を守りたい場合はどうするか。事実婚(内縁関係)の相手が亡くなった場合の、相手方の相続はどうなるのか。かねて仲の悪かった長男には相続させず、世話をしてくれた長女だけに相続させたいときはどうするか、など。結論の中には厳しい現実も見え隠れする。相続や贈与は夢のような話ばかりではないのだ。

(成美堂出版 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る