• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「夏雷」大倉崇裕著

 月島で便利屋を営む元探偵の倉持は、山田という男から北アルプスの槍ケ岳に登るためのノウハウを教えて欲しいと頼まれる。20年前のある出来事以来、登山を封印してきた倉持だが、報酬として寝たきりの父親の施設への入居の費用と手続きを肩代わりすると言われ、引き受ける。トレーニングを積み重ね、丹沢、奥多摩へと山行を続けるうち、倉持は山田に興味を抱き始める。しかし、山田は槍ケ岳登山の目的も自分のことも何も語ろうとしない。そんな中、倉持は商店街で自分の情報を聞きまわっている女がいることを知る。さらに鳳凰三山への最後のトレーニングを終えた直後、当の山田が消えてしまう。

 読み始めたら止まらない長編山岳サスペンス。(祥伝社 790円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る