時代劇の中にタイムスリップしよう編

公開日: 更新日:

「鯨分限」伊東潤著

 鯨組棟梁の嫡男、太地覚吾は数えで12歳のとき、初めて鯨船に乗った。三十余の船に乗り込んだ男たちは抹香鯨を追い、網を打つが、気性の激しい鯨は網を振りほどいて逃げる。海中に潜った鯨を一瞬見失ったが、突然周囲の海水が持ち上げられ、船は鯨の背から転がり落ちた。自分に向かって突進してくる鯨がきれいな目をしているのに気づいた覚吾は、この鯨と勝負しようと思ったとたん、気を失う。

 5年後、父の死で覚吾は家督を継ぐが、その頃は未曽有の不漁に襲われ、分限といわれた太地家も傾き始めていた。

 紀州の捕鯨集団を率いて、激動の時代を駆け抜けた男を描く。(光文社 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る