「エラい人にはウソがある」 パオロ・マッツァリーノ著

公開日:  更新日:

 孔子といえば反射的に「論語」を思い浮かべるが、実はこれは孔子の著作ではなく、弟子が書いた孔子の言行録なのだ。法律に関する最高責任者に抜擢されたというサクセスストーリーも捏造である可能性が高い。日本で最初に孔子を紹介したのは「今昔物語」だが、実は孔子をバカにしている。馬が垣根から首を出しているのを見て、孔子が「牛がいる」と言うので弟子が首をかしげると、「午」という字の上に首が出れば「牛」になると、ほとんどおやじギャグのようなことを言ったというトホホなエピソードが紹介されているのだ。〈ありのままの孔子〉の姿を教えてくれるウンチク本。(さくら舎 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る