「龍眼 争奪戦」佐々木裕一著

公開日:  更新日:

 吉宗から幻の秘宝「龍眼」を盗み出した元御庭番の伝兵衛は、逃走中に記憶を失い、飛騨高山で出会ったおすぎにかくまわれる。命を狙われる伝兵衛は、おすぎの甥・幸村によって伏見稲荷大社の門前にある国豊寺へと移った。国豊寺は、人助けの寺として知られていた。ある日、檀家の辰吉が和尚の幸秀を頼って寺を訪ねてくる。聞くと、娘のおこんが祇園の「木暮」に行ったまま戻らないという。木暮は、男が女客を接待する甘味処で、辰吉が談判に行くと法外な金額を請求され、支払うまで娘は返さないといわれたらしい。幸秀が金を用立て、幸村は辰吉に付き添って木暮に向かう。(「騙された女」)

「隠れ御庭番」シリーズ最新刊。

(祥伝社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る