「龍眼 争奪戦」佐々木裕一著

公開日: 更新日:

 吉宗から幻の秘宝「龍眼」を盗み出した元御庭番の伝兵衛は、逃走中に記憶を失い、飛騨高山で出会ったおすぎにかくまわれる。命を狙われる伝兵衛は、おすぎの甥・幸村によって伏見稲荷大社の門前にある国豊寺へと移った。国豊寺は、人助けの寺として知られていた。ある日、檀家の辰吉が和尚の幸秀を頼って寺を訪ねてくる。聞くと、娘のおこんが祇園の「木暮」に行ったまま戻らないという。木暮は、男が女客を接待する甘味処で、辰吉が談判に行くと法外な金額を請求され、支払うまで娘は返さないといわれたらしい。幸秀が金を用立て、幸村は辰吉に付き添って木暮に向かう。(「騙された女」)

「隠れ御庭番」シリーズ最新刊。

(祥伝社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る