「青線」八木澤高明氏

公開日:  更新日:

「“売春島”といわれる三重県志摩の渡鹿野島には、廃虚と化したスゴい量の木造アパートがありました。最盛期に300人の売春婦がいた名残です。そんな中を歩いて行くと、東南アジア人とおぼしき若い女が布団を干しているところに出くわしたりした。僕が行ったのは2年前ですが、外国人8人と日本人5人が客をとっていて、僕は4万円でタイ人を買いました」

 15年前に横浜・黄金町に足を踏み入れ、そこに巣食う喜怒哀楽に引きつけられた著者が、10年以上かけて全国の売春街を訪ね歩き、本書を著した。タイトルの「青線」は、売春防止法が施行される1958年まで売春容認の地だった「赤線」に対し、非公認で売春が行われていた地のこと。

「赤線は元遊郭で豪壮な建築が多く、記録もされています。でも、安普請のスナックやバーを装い、手っ取り早く2階で売春した青線は人々の記憶にしか残っていません。非合法のユルい地だったから、売防法後も続いたんですね。でももう風前のともしび。青線を中心に、そういった輪郭が曖昧な街の土地の記憶や女と男の記憶を書き残したいと思ったんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る