「恋愛しない若者たち」牛窪恵氏

公開日:  更新日:

 恋愛は何物にも代えがたい娯楽と快楽であり、生きる原動力――。しかし、時代は変わった。今の若者は恋愛しないのだ。

「私自身は恋愛のプライオリティーが一番高かったバブル世代です。なぜ今の若者が恋愛しないのか、約10年の考察をまとめてみましたが、書いているうちに説教がましくなってきちゃって(笑い)。この本は若者自身よりも、その親世代の方に読んでいただけたら、という思いも込めています」

 確かに、年頃の息子や娘が恋愛する気配すらないと、ひそかに心配する親も多い。2006年から若者研究を手掛けてきた著者は、その理由と背景をこう言う。

「今の20代は『頑張った先にいいことがある』と思えていません。右肩上がりのいい時代を知らないから、無理も冒険もしない。今の幸せを守るのに必死です。恋愛も同様で、ストーカーやDVなどのリスクを負うくらいなら、別にしなくてもいい。恋愛に代わる楽しいものがいくらでもあり、リアルな恋愛はコストパフォーマンスが悪い、というわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る