「室町耽美抄 花鏡」海道龍一朗氏

公開日: 更新日:

 戦乱の世に生きた武将たちの壮烈な戦いと生きざまを描いてきた著者だが、本作で主人公に選んだのは芸の道に生きた4人の男たち。申楽を能という芸術に高めた世阿弥と、義父である世阿弥から能の奥義を授けられた金春禅竹。そして風狂の僧、一休宗純と、わび茶の創始者である村田珠光。彼らの生きた時代は、室町だ。

「時代小説が好きな人でも、この時代の人物に関しては名前を知っているぐらい、という人も多いのではないでしょうか。武田信玄や織田信長など、何を成し、どんな顔をしていて、どんな甲冑を身につけていたかまでが頭に浮かぶ時代小説のスターは数多い。それでは、足利義満はどうでしょうか。この人ほど業績と知名度が見合わない人はいません。これは室町時代全体にも言えることで、その背景には明治維新という大きな出来事が作用しているんです」

 天皇を中心とした国づくりを目指した明治政府にとって、後醍醐天皇と敵対した足利と室町は認めることのできない存在だった。そのため、歴史学の教育でも軽んじられ、当然この時代に関する研究者も少なくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  7. 7

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  8. 8

    宇垣美里の加入で オスカー“バラエティー班”4人娘勢い加速

  9. 9

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  10. 10

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る