「総理とお遍路」菅直人著

公開日:  更新日:

 1100キロ以上もの道のりを歩き通し、四国八十八カ所を巡る「歩きお遍路」。10年の歳月をかけて結願した元総理が、自らの政治人生を振り返りながらその行脚の日々をつづるエッセー。

 2004年、民主党代表だった氏は、社会保険庁の手違いによる「年金未納」が問題視され、代表を辞任。その責任を感じた妻がくも膜下出血で倒れ、一度人生を見つめ直したいとお遍路に出る決心をする。7月15日、必要最小限の荷物を詰めたリュックだけを背負い徳島に到着した氏は、床屋で頭を丸刈りにし、白装束に着替え、1番札所・霊山寺から歩き始める。長い日は30キロ以上も、ひたすら無心に歩き続ける中で、感じたこと、出会った人々との思い出をつづる。(KADOKAWA 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る