「総理とお遍路」菅直人著

公開日:  更新日:

 1100キロ以上もの道のりを歩き通し、四国八十八カ所を巡る「歩きお遍路」。10年の歳月をかけて結願した元総理が、自らの政治人生を振り返りながらその行脚の日々をつづるエッセー。

 2004年、民主党代表だった氏は、社会保険庁の手違いによる「年金未納」が問題視され、代表を辞任。その責任を感じた妻がくも膜下出血で倒れ、一度人生を見つめ直したいとお遍路に出る決心をする。7月15日、必要最小限の荷物を詰めたリュックだけを背負い徳島に到着した氏は、床屋で頭を丸刈りにし、白装束に着替え、1番札所・霊山寺から歩き始める。長い日は30キロ以上も、ひたすら無心に歩き続ける中で、感じたこと、出会った人々との思い出をつづる。(KADOKAWA 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る