• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「総理とお遍路」菅直人著

 1100キロ以上もの道のりを歩き通し、四国八十八カ所を巡る「歩きお遍路」。10年の歳月をかけて結願した元総理が、自らの政治人生を振り返りながらその行脚の日々をつづるエッセー。

 2004年、民主党代表だった氏は、社会保険庁の手違いによる「年金未納」が問題視され、代表を辞任。その責任を感じた妻がくも膜下出血で倒れ、一度人生を見つめ直したいとお遍路に出る決心をする。7月15日、必要最小限の荷物を詰めたリュックだけを背負い徳島に到着した氏は、床屋で頭を丸刈りにし、白装束に着替え、1番札所・霊山寺から歩き始める。長い日は30キロ以上も、ひたすら無心に歩き続ける中で、感じたこと、出会った人々との思い出をつづる。(KADOKAWA 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る