「少女犯罪」家田荘子著

公開日:  更新日:

 女子少年院・榛名女子学園で自身の犯した罪と向き合う少女たちを取材した渾身のルポルタージュ。

 笑顔が魅力的な少女・真由美は、16歳年上の恋人に金をせびられ、バイト先で従業員の財布を盗んだ窃盗の罪で送られてきた。小学生のころから万引を繰り返し、捕まっては何度も母親を泣かせてきた。そのたびにやめようと思うのだが、やめられなかったという。学園に長期収容されるまでの経緯を聞き出しながら、その心の奥に眠っていた両親から愛されたかったという思いを聞き出す。

 その他、いじめから非行に走り、中学1年で援助交際を始めた薫など5人の少女たちの姿から、現代の家庭や社会が抱える問題が浮かび上がる。(ポプラ社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る