「ひとり居の記」川本三郎著

公開日:  更新日:

 8年前に妻を亡くし、悲しみと寂しさにようやく慣れてきたという著者が、初老の一人暮らしの日常をつづったエッセー。

 一人暮らしになって一番寂しいのは猫を飼えないことだという。旅や街歩きで家を空けることが多いからだ。その寂しさを紛らわすために部屋に飾っている猫の写真を撮影した写真家の岩合光昭さんの写真展を見に福島県のいわき市に出かける。いわきから常磐線で水戸まで戻り、JR九州の車両デザインで知られる水戸岡鋭治氏の仕事を紹介する展覧会へ。さらに水戸からローカル私鉄鹿島臨海鉄道大洗鹿島線に乗り大洗へ。惨劇を忘れぬよう東北を中心に出かけては街を歩き、その風景や折々に読んだ本、そして去来する思いを記す。(平凡社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る