• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」蓮池透著

 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)の元事務局長が、拉致問題に関わる政治家らの裏切りや打算を告発したインサイドストーリー。

 その最たる人物は、2002年、官房副長官として小泉首相の電撃訪朝に同行、拉致問題を追い風にして首相に上り詰めた安倍首相だと断罪。安倍首相は、当初から北朝鮮に強硬姿勢を取り続けているかに見えるが、当時は平壌で日本人奪還を主張するわけでもなく、著者の弟夫婦ら一時帰国の名目で日本に戻った拉致被害者5人を北朝鮮に戻すことを既定路線として主張していたという。

 他にも利用目的で被害者家族に接近してくる政治家やマスコミ、そして「家族会」や「救う会」の内幕まで、知られざる日朝交渉の裏側を暴露。(講談社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る