変わりダネ芸術本特集

公開日:  更新日:

「写実絵画とは何か?」安田茂美・松井文恵著

 空前の日本美術ブームで、今や人気の美術展は2時間、3時間待ちの行列は当たり前。芸術の楽しみ方は人それぞれなのだが、新しい視点から作品を見たり、これまで知らなかった新しいジャンルにも挑んでみれば、美術鑑賞がより楽しく深く味わえるのではなかろうか。そんな未知の美術体験に導いてくれる本を紹介する。

 安田茂美・松井文恵著の「写実絵画とは何か?」(生活の友社 1800円+税)は、世界で唯一の写実絵画専門の美術館「ホキ美術館」の収蔵品から選りすぐりの作品を紹介しながら、写実絵画の魅力を解説するアートブック。

 かつて、ビジュアルで物を見せることができるのは絵画だけだった。しかし、写真の登場で物をリアルに伝えるメディアとしての役割を終えた絵画は、印象派やキュービズム、そして抽象画へと、その表現の幅を広げていった。そして今、あえて写真のリアリズムに挑むかのように写実絵画に取り組む作家が日本で活躍を始めていて、同美術館ではそうした現代作家による作品を収蔵展示する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る