「私が最近弱っているのは毎日『なんとなく』食べているからかもしれない」小倉朋子著

公開日: 更新日:

 本書が教えるのは“食哲学”。食を学び生き方を整える「食輝塾」を主宰するフードプロデューサーの著者が、人生を豊かにするための食との向き合い方をつづっている。

 自分に自信が持てないという悩みがあるなら、五感を磨く食べ方の実践がお勧めだ。たとえば、毎朝サラダを食べるとき、生野菜を“よく見て”食べること。「いつも見ているけど?」と思うかもしれないが、ほとんどの人は見ているのではなく、視界に入れているだけ。野菜ひとつひとつの色の違いや濃淡、形、ツヤまでを“よく見て”食べてみよう。

 すると、視覚だけでなく味覚や触覚など五感が鋭くなり、日常生活における判断力が磨かれる。選ぶべき道が見えるようになり、自分に自信がつくはずだ。(文響社 1250円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る

人気キーワード