「Question 謎解きの最高峰 ミステリー傑作選」日本推理作家協会編

公開日:  更新日:

 ビブリア古書堂に、男が本を売りにきた。店員の大輔が手続き中、男から足塚不二雄の「UTOPIA 最後の世界大戦」の買い取り価格を尋ねられた店主の栞子の顔色が変わる。男は車を駐車場に入れてくると店を出て、そのまま戻らない。

 栞子と大輔は、買い取り票に書きかけの住所を頼りに、名前もわからない男の家を探す。道中、大輔は栞子から、足塚不二雄は藤子不二雄のデビュー当時のペンネームで、「最後の世界大戦」は幻の稀覯本だと教えられる。探し当てた家で栞子を待ち受けていた男は、「最後の世界大戦」と栞子の母親について話したいことがあると言いだす。

 この「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズなど、七人七様の作品が楽しめるアンソロジー。(講談社 830円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る