• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「Question 謎解きの最高峰 ミステリー傑作選」日本推理作家協会編

 ビブリア古書堂に、男が本を売りにきた。店員の大輔が手続き中、男から足塚不二雄の「UTOPIA 最後の世界大戦」の買い取り価格を尋ねられた店主の栞子の顔色が変わる。男は車を駐車場に入れてくると店を出て、そのまま戻らない。

 栞子と大輔は、買い取り票に書きかけの住所を頼りに、名前もわからない男の家を探す。道中、大輔は栞子から、足塚不二雄は藤子不二雄のデビュー当時のペンネームで、「最後の世界大戦」は幻の稀覯本だと教えられる。探し当てた家で栞子を待ち受けていた男は、「最後の世界大戦」と栞子の母親について話したいことがあると言いだす。

 この「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズなど、七人七様の作品が楽しめるアンソロジー。(講談社 830円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る