「銀座の酒場を歩く」太田和彦著

公開日: 更新日:

 資生堂宣伝部にデザイナーとして勤務していた著者にとって、思い入れが深い街・銀座を飲み歩く酒場エッセー。

 3丁目の居酒屋「ささ花」は昭和59年開店(現在は1丁目に移転)。酒品書きには主人が蔵元に何度も足を運びそろえた日本酒の逸品が並び、肴にはその日に五島列島のはえ縄漁で取れた魚が出される。清潔上品な店で、気軽においしい料理と日本酒を楽しむという、誰もが望む店がここにあると記す。ささ花を出て向かうのは、能楽堂ビル5階のバー「テンダー」。バー=薄暗いというイメージを一掃した店内は、明るく洗練された華やかさに満ちている。バーで味わうべきは、酒のみならず、オーナーの美学であると説く著者が、銀座の名店73軒を飲み歩く。(筑摩書房 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  8. 8

    コロナ拡大は安倍政権の人災 国立感染研大リストラの大罪

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る