「銀座の酒場を歩く」太田和彦著

公開日:  更新日:

 資生堂宣伝部にデザイナーとして勤務していた著者にとって、思い入れが深い街・銀座を飲み歩く酒場エッセー。

 3丁目の居酒屋「ささ花」は昭和59年開店(現在は1丁目に移転)。酒品書きには主人が蔵元に何度も足を運びそろえた日本酒の逸品が並び、肴にはその日に五島列島のはえ縄漁で取れた魚が出される。清潔上品な店で、気軽においしい料理と日本酒を楽しむという、誰もが望む店がここにあると記す。ささ花を出て向かうのは、能楽堂ビル5階のバー「テンダー」。バー=薄暗いというイメージを一掃した店内は、明るく洗練された華やかさに満ちている。バーで味わうべきは、酒のみならず、オーナーの美学であると説く著者が、銀座の名店73軒を飲み歩く。(筑摩書房 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る