「スパム[spam]インターネットのダークサイド」フィン・ブラントン著、生貝直人、成原慧監修、松浦俊輔訳

公開日:  更新日:

 スパム(迷惑メール)を切り口に、インターネットの影の歴史を描いたノンフィクション。

 誰もが世界に向けて容易に情報を発信できるインターネットにおいては、「人々の注目」が希少資源となる。現代の経済は、その「注目という資源」と、それが生み出す利益をめぐる競争であるという。マスメディアやIT企業が価値あるコンテンツやサービスで注目を集積して利益を得ているのに対し、スパムは「現に集積している人間の注目を搾取する」企てだと定義。最盛期には電子メール型のスパムは、実にメール流通量の90%にも及んだ。

 そして今、検索エンジンやSNSをターゲットにスパムは急速に多様化しつつある。インターネットの光と闇の攻防を描いた注目作。(河出書房新社 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る