「スパム[spam]インターネットのダークサイド」フィン・ブラントン著、生貝直人、成原慧監修、松浦俊輔訳

公開日: 更新日:

 スパム(迷惑メール)を切り口に、インターネットの影の歴史を描いたノンフィクション。

 誰もが世界に向けて容易に情報を発信できるインターネットにおいては、「人々の注目」が希少資源となる。現代の経済は、その「注目という資源」と、それが生み出す利益をめぐる競争であるという。マスメディアやIT企業が価値あるコンテンツやサービスで注目を集積して利益を得ているのに対し、スパムは「現に集積している人間の注目を搾取する」企てだと定義。最盛期には電子メール型のスパムは、実にメール流通量の90%にも及んだ。

 そして今、検索エンジンやSNSをターゲットにスパムは急速に多様化しつつある。インターネットの光と闇の攻防を描いた注目作。(河出書房新社 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る

人気キーワード