• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スパム[spam]インターネットのダークサイド」フィン・ブラントン著、生貝直人、成原慧監修、松浦俊輔訳

 スパム(迷惑メール)を切り口に、インターネットの影の歴史を描いたノンフィクション。

 誰もが世界に向けて容易に情報を発信できるインターネットにおいては、「人々の注目」が希少資源となる。現代の経済は、その「注目という資源」と、それが生み出す利益をめぐる競争であるという。マスメディアやIT企業が価値あるコンテンツやサービスで注目を集積して利益を得ているのに対し、スパムは「現に集積している人間の注目を搾取する」企てだと定義。最盛期には電子メール型のスパムは、実にメール流通量の90%にも及んだ。

 そして今、検索エンジンやSNSをターゲットにスパムは急速に多様化しつつある。インターネットの光と闇の攻防を描いた注目作。(河出書房新社 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

もっと見る