「ブラック・ヴィーナス投資の女神」城山真一著

公開日: 更新日:

 金沢に住む良太は、県の臨時職員として金融関係の相談員として働く。お金に困っている人を助ける仕事がしたいと、メガバンクから転職したのだ。ある日、良太は零細繊維会社の社長を務める兄から相談を持ち掛けられる。新しい機械を導入する資金を黒女神に依頼するつもりだというのだ。

 株取引の天才・黒女神が提示する報酬や要求に誠実に応じれば、希望した金額を手にすることができるという。良太が都市伝説だと思っていた黒女神は実在。黒女神こと二礼茜は、本当に1カ月半で兄が用意した種銭を4000万円にしてみせた。良太はその報酬として茜の助手を務めることに。第14回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作の経済サスペンス。(宝島社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  6. 6

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  7. 7

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る