「ブラック・ヴィーナス投資の女神」城山真一著

公開日: 更新日:

 金沢に住む良太は、県の臨時職員として金融関係の相談員として働く。お金に困っている人を助ける仕事がしたいと、メガバンクから転職したのだ。ある日、良太は零細繊維会社の社長を務める兄から相談を持ち掛けられる。新しい機械を導入する資金を黒女神に依頼するつもりだというのだ。

 株取引の天才・黒女神が提示する報酬や要求に誠実に応じれば、希望した金額を手にすることができるという。良太が都市伝説だと思っていた黒女神は実在。黒女神こと二礼茜は、本当に1カ月半で兄が用意した種銭を4000万円にしてみせた。良太はその報酬として茜の助手を務めることに。第14回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作の経済サスペンス。(宝島社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る

人気キーワード