「ブラック・ヴィーナス投資の女神」城山真一著

公開日:  更新日:

 金沢に住む良太は、県の臨時職員として金融関係の相談員として働く。お金に困っている人を助ける仕事がしたいと、メガバンクから転職したのだ。ある日、良太は零細繊維会社の社長を務める兄から相談を持ち掛けられる。新しい機械を導入する資金を黒女神に依頼するつもりだというのだ。

 株取引の天才・黒女神が提示する報酬や要求に誠実に応じれば、希望した金額を手にすることができるという。良太が都市伝説だと思っていた黒女神は実在。黒女神こと二礼茜は、本当に1カ月半で兄が用意した種銭を4000万円にしてみせた。良太はその報酬として茜の助手を務めることに。第14回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作の経済サスペンス。(宝島社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る