• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「洋食 セーヌ軒」神吉拓郎著

「うまい牡蠣フライが食いたいなぁ」

 同僚とこんな話になったら、何軒の店が頭に浮かぶだろう。今夜、行こうなどとなったら、仕事が手につかないのでは?

 本書は直木賞作家が描いた料理を題材にした短編小説集。全17編に鱒、鰻、オムレツ、天ぷらなど、それぞれのメニューがキャストとして登場する。表題作「セーヌ軒」は、うまい牡蠣フライが食べたくなった主人公が、以前暮らした街の洋食屋に10年ぶりに足を向ける……。

 男と女、旧友同士ら登場人物の会話は軽妙で“大人の味”がたっぷり。読み進むそばから食べに行きたくなるような誘惑がちりばめられている。(光文社 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る