「洋食 セーヌ軒」神吉拓郎著

公開日: 更新日:

「うまい牡蠣フライが食いたいなぁ」

 同僚とこんな話になったら、何軒の店が頭に浮かぶだろう。今夜、行こうなどとなったら、仕事が手につかないのでは?

 本書は直木賞作家が描いた料理を題材にした短編小説集。全17編に鱒、鰻、オムレツ、天ぷらなど、それぞれのメニューがキャストとして登場する。表題作「セーヌ軒」は、うまい牡蠣フライが食べたくなった主人公が、以前暮らした街の洋食屋に10年ぶりに足を向ける……。

 男と女、旧友同士ら登場人物の会話は軽妙で“大人の味”がたっぷり。読み進むそばから食べに行きたくなるような誘惑がちりばめられている。(光文社 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る

人気キーワード