• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「東京都三多摩原人」久住昌之著

〈三多摩〉とは東京都の23区と島嶼(とうしょ)以外の地域で、元は神奈川県だったので住民は〈江戸っ子〉じゃない。三鷹生まれの著者は、はるか昔の祖先、三多摩原人の生活をしのぼうと、子どものころ遊んだドブ川などを回ったが、生まれ育った家の中を歩いてみようと、老いた両親が住む実家に向かう。

 台所に立つと、中学時代に母が作ってくれた弁当を思い出した。前夜のイモ天を醤油と砂糖で煮たものがメーンの地味弁だったが、うまかった。脱衣所に掛かっていたバスタオルに「2年1組久住卓也」と弟の名が書いてあった。45年前のタオルだ。人気漫画「孤独のグルメ」原作者の自伝的エッセー。(朝日新聞出版 1600円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る