「女神」藤田宜永著

公開日:  更新日:

 しがない探偵の竹花のところに、料金着払いの荷物が届いた。差出人の山本浩信という名前に心当たりはない。開けてみるとボロボロの旅行バッグの中に、下着やTシャツに交じって千鶴という女宛ての恋文や、少女の似顔絵が入っている。

 後日、初老の男が山本の遺品を受け取りにきた。山本は大阪のあいりん地区で病死したという。うさんくさいと感じた竹花は荷物を渡さなかったが、その後、女優の立花清華が訪ねてきた。山本は彼女の父らしいというのだ。そして、寝室に隠しておいた山本のバッグが盗まれた。このバッグをきっかけに竹花は24年前の殺人事件に巻きこまれていく。

 探偵・竹花シリーズの7作目。(光文社 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る