佐々涼子
著者のコラム一覧
佐々涼子ノンフィクションライター

1968年生まれ。早稲田大学法学部卒業。2012年「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」で第10回集英社・開高健ノンフィクション賞を受賞。最新刊「紙つなげ!彼らが本の紙を造っている」でキノベス1位ほか8冠。

パイロットがつづった 書店で買える空想の空旅エッセー

公開日: 更新日:

「グッド・フライト、グッド・ナイト」マーク・ヴァンホーナッカー著 岡本由香子訳

 イギリスの航空会社、ブリティッシュ・エアウェイズのパイロットが空の旅の素晴らしさについて語ったエッセーである。空が彼の文体を作るのか、文体が彼に空を飛ばせたのか、美しい文章は、彼の操縦するボーイング747の周りを流れていく空と白い雲を連想させる。

 空から森や道路や、住宅地、学校、川を見下ろすと、平凡な日常が、いつもとちがう美しさを帯びて、つながっていると著者は語る。そして、世界を飛び回る彼は、数日のうちに、さまざまな場所へと移動するが、そのことに慣れることのない感性を持っていたいという。

「赤い大地に立ったこと、数日のうちに世界の別の大地に立つこと。ふと気づくと、アフリカの土を、休日の午後に家でひとり、スニーカーの底から落としていること。みずみずしい心を保っていれば、そのどれもが小さな奇跡なのだとわかる」

 また例えば、空特有の、道しるべについて彼はこう表現する。

「空を飛んでいると世界中に打たれた句読点またはアスタリスクを発見して愉快な気持ちになる」

 句読点というのはナブエイドのことで、電波を発する標識のことだ。パイロットはナブエイドと“ウェイポイント”をつないだルートに沿って飛行するという。

 ウェイポイントは経路上の位置情報で、一般的にアルファベット5文字の組み合わせで表される。このウェイポイントにはインド洋から西オーストラリアまで何百マイルも連なるポイントがあり、北からつなげて読むと「ワルツィング・マチルダ」の出だし部分になるそうだ。いったい誰が名付けたのだろう。次の空旅では、オーストラリア民謡のメロディーが頭の中で鳴り響くことだろう。

 本書は書店で買える、空想の空旅のチケットだ。一行ごとに、空に心をもっていかれ、飛行機に乗って旅しているときの、多幸感がよみがえる。夜寝る前にベッドの中で読むには最高の一冊だ。(早川書房 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る

人気キーワード