• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「羽生結弦 王者のメソッド」野口美恵著

 14歳のとき、羽生結弦は「僕はレジェンドになりたい! 人類初の何かで、僕だけってことをみんなに見せたいな」と宣言した。

 2014年、五輪王者、世界王者となった羽生はショートプログラムの〈後半の4回転〉に悩んでいた。呼吸する場所や足の使い方によっては無酸素状態になって疲労もたまる。GPシリーズ初戦は不本意な出来で6位。「調子がいいからノーミスしたい」と考え、技をどうやるかに集中していなかったと反省した羽生は、フリーは〈練習通り〉と気持ちを切り替えて、平常心と闘争心を奮い立たせ、銀メダルを獲得する。

 羽生が7年かけてつかんだ究極のメソッドに迫るドキュメント。(文藝春秋 1550円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る