「羽生結弦 王者のメソッド」野口美恵著

公開日:  更新日:

 14歳のとき、羽生結弦は「僕はレジェンドになりたい! 人類初の何かで、僕だけってことをみんなに見せたいな」と宣言した。

 2014年、五輪王者、世界王者となった羽生はショートプログラムの〈後半の4回転〉に悩んでいた。呼吸する場所や足の使い方によっては無酸素状態になって疲労もたまる。GPシリーズ初戦は不本意な出来で6位。「調子がいいからノーミスしたい」と考え、技をどうやるかに集中していなかったと反省した羽生は、フリーは〈練習通り〉と気持ちを切り替えて、平常心と闘争心を奮い立たせ、銀メダルを獲得する。

 羽生が7年かけてつかんだ究極のメソッドに迫るドキュメント。(文藝春秋 1550円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る