「羽生結弦 王者のメソッド」野口美恵著

公開日:  更新日:

 14歳のとき、羽生結弦は「僕はレジェンドになりたい! 人類初の何かで、僕だけってことをみんなに見せたいな」と宣言した。

 2014年、五輪王者、世界王者となった羽生はショートプログラムの〈後半の4回転〉に悩んでいた。呼吸する場所や足の使い方によっては無酸素状態になって疲労もたまる。GPシリーズ初戦は不本意な出来で6位。「調子がいいからノーミスしたい」と考え、技をどうやるかに集中していなかったと反省した羽生は、フリーは〈練習通り〉と気持ちを切り替えて、平常心と闘争心を奮い立たせ、銀メダルを獲得する。

 羽生が7年かけてつかんだ究極のメソッドに迫るドキュメント。(文藝春秋 1550円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る