「羽生結弦 王者のメソッド」野口美恵著

公開日: 更新日:

 14歳のとき、羽生結弦は「僕はレジェンドになりたい! 人類初の何かで、僕だけってことをみんなに見せたいな」と宣言した。

 2014年、五輪王者、世界王者となった羽生はショートプログラムの〈後半の4回転〉に悩んでいた。呼吸する場所や足の使い方によっては無酸素状態になって疲労もたまる。GPシリーズ初戦は不本意な出来で6位。「調子がいいからノーミスしたい」と考え、技をどうやるかに集中していなかったと反省した羽生は、フリーは〈練習通り〉と気持ちを切り替えて、平常心と闘争心を奮い立たせ、銀メダルを獲得する。

 羽生が7年かけてつかんだ究極のメソッドに迫るドキュメント。(文藝春秋 1550円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る