• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男が読んでも「ヤッベー」と感情が揺れる怪書

「【東京女子図鑑】~綾の東京物語~」東京カレンダー(扶桑社 920円+税)

 ウェブサイト「東京カレンダー」の連載時、一部の層の人々を興奮させた連載の書籍化である。一体何が熱狂させたのかといえば、「書いてるのはオッサン」といった評価があり、ステレオタイプなハイセンス東京都会生活にツッコミが入りまくったのだ。

 秋田県出身の「綾」が23歳で上京し、まずは三軒茶屋に住み、3~5年おきに恵比寿、銀座、豊洲、代々木上原と移り、40歳で再び三軒茶屋へ。その間友人と夜にカフェでお茶をしたり、金持ちの男からご馳走してもらったり、結婚をして離婚して再婚をする。そんな「綾」の20年間を振り返ったのだが、連載当時は「綾は次にどこに住むのか?」という予想を皆がしていたのである。

 話としては、「なんとなく、クリスタル」の現代版というか、松嶋菜々子が出てきそうな1990年代風トレンディードラマ的展開が延々続く。基本的には東京の各街の魅力を紹介するとともに、ひとりの女がどのようにして「格」を上げては、他の女よりもいかに魅力的ですてきな人生を送っているかのマウンティングをする「プチおんな太閤記」である。三軒茶屋の次に住んだ恵比寿についてはこう記述される。

〈歩いている人も、三茶とは違う。ちゃんと、女として準備万端というか、いつ脱いでも恥ずかしくないように体も身だしなみもオールOKって女性が多い気がする。残念ながら三茶の女性は、「あ……今日脱げない……」って日が結構ある感じ〉

 こうして、自意識の高い「綾」が金持ちの男からさまざまな店を教えてもらい、田舎者や若い女を見下しつつも、40歳となった自分が若い女からは「イタイ」と思われていると予想するが、「それは、そのまま、あなたが10年後に若い子たちから向けられる感情ですから」と言い放つ。

 もう何が何やら分からぬ話なのだが、「こんなヤツいねぇ(笑い)」や「こんなヤツいるいる」などとツッコミを1ページに2回ほどはできてしまう稀有な本といえよう。また、それなりの年輩男性にとっては、綾のような野心あふれる女と対峙した時に果たして自分は彼女を満足させられる魅力的な男だろうか……と判断するリトマス試験紙にもなっている。

 バカにしながら読み始めても、「やべっ、オレ、クライアントへの手土産を『和光』で買ってない」などと少し恥ずかしい気持ちにさせられる。妙な感情の揺れをもたらす怪書である。

★★(選者・中川和淳一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る