• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「帝都妖乱」久楽健太著

 大東亜戦争に勝利してから70年後の日本。久遠零介は浅草で幼馴染みの友人と会っていた時、突然、狙撃された。実はそれは、久遠を仲間に引き入れようとする大日本帝国陸軍部隊〈十三機関〉の篝市香らが行った「査定」だった。

 〈十三機関〉が戦っている相手は「神征翼会」。天照大神を主神とする国家神道に駆逐された土着のカミを信奉する者たちが、牛鬼などの〈妖〉を使って国家転覆を画策している。政府要人が謎の怪物・黒外套に暗殺された事件も彼らの仕業だ。篝らは〈この世ならざるモノ〉を見る力を持つ久遠を必要としていた。

 いにしえの秘術を駆使した異形の者との死闘を描くダークファンタジー。(講談社 1650円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る