「マチネの終わりに」平野啓一郎著

公開日:  更新日:

 新聞連載中から評判を呼び、終了時には「マチネロス」なる言葉が飛び交ったほどの話題作。

 天才クラシックギタリストの蒔野聡史が運命の女性と出会ったのは、デビュー20周年記念コンサートの終演後。その女性、小峰洋子はフランスの通信社に勤めるジャーナリストで、38歳の蒔野より2つ年上。2人は出会った瞬間から互いに引かれ合う。

 しかし、どちらも40代にさしかかり大きな転機を迎えていた。蒔野はこれまでの音楽家人生で初めてスランプに直面。洋子は本来の自分に立ち返るべく、バグダッド陥落後の混乱するイラク取材を志願する。

 その間、蒔野と洋子はメールで相手のかけがえのなさを確認し合う。洋子にはアメリカ人の婚約者がいたが、パリで蒔野と再会したことで婚約解消を決意。2人の新たな生活が始まるかに思えたが、運命の残酷ないたずらによって2人は引き裂かれてしまう――。

 別れてもなお互いを求め合う2人が、ラストで再会するシーンは感動的で大いなるカタルシスをもたらしてくれる。成熟さに満ちた恋愛小説。(毎日新聞出版 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る