「硝子の太陽 R ルージュ」誉田哲也著

公開日: 更新日:

 女性刑事・姫川玲子が活躍するシリーズの最新作。

 池袋署から警視庁捜査1課に返り咲き、姫川班を率いる玲子は、世田谷で起きた一家惨殺事件の特捜本部に加わった。一家3人の死体を並べ、さらに肛門から銃弾を何発も撃ち込むという凄惨な事件だった。

 玲子は現場付近で怪しい男を目撃、最寄り駅の防犯カメラ映像からフリーライター上岡であることを突き止めたが、その直後、上岡も殺されてしまう。どうやら沖縄の米軍基地反対運動にからんでいるようだ。実は28年前に昭島市で似たような手口による一家4人惨殺事件が起き、迷宮入りのまま時効を迎えていた。

 この小説は、事件の犯人とおぼしき男の独白から始まる。雨の降る夜、闇の中の血塗られた悪夢。この男は、ベトナム従軍経験を持つ元米兵。彼が、再び罪を犯したのか?

 難航する捜査の展開を追いながら、玲子を取り巻く刑事たちの人間模様が描かれる。信頼、恋慕、苦手、天敵。ときにコミカルなやりとりが、人間くさい。

 この作品と同時に、「硝子の太陽 N ノワール」が中央公論新社から発売された。姫川玲子と「ジウ」サーガ、作者の2つの人気シリーズのコラボレーションという新しい試みが実現した。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る