「硝子の太陽 R ルージュ」誉田哲也著

公開日:  更新日:

 女性刑事・姫川玲子が活躍するシリーズの最新作。

 池袋署から警視庁捜査1課に返り咲き、姫川班を率いる玲子は、世田谷で起きた一家惨殺事件の特捜本部に加わった。一家3人の死体を並べ、さらに肛門から銃弾を何発も撃ち込むという凄惨な事件だった。

 玲子は現場付近で怪しい男を目撃、最寄り駅の防犯カメラ映像からフリーライター上岡であることを突き止めたが、その直後、上岡も殺されてしまう。どうやら沖縄の米軍基地反対運動にからんでいるようだ。実は28年前に昭島市で似たような手口による一家4人惨殺事件が起き、迷宮入りのまま時効を迎えていた。

 この小説は、事件の犯人とおぼしき男の独白から始まる。雨の降る夜、闇の中の血塗られた悪夢。この男は、ベトナム従軍経験を持つ元米兵。彼が、再び罪を犯したのか?

 難航する捜査の展開を追いながら、玲子を取り巻く刑事たちの人間模様が描かれる。信頼、恋慕、苦手、天敵。ときにコミカルなやりとりが、人間くさい。

 この作品と同時に、「硝子の太陽 N ノワール」が中央公論新社から発売された。姫川玲子と「ジウ」サーガ、作者の2つの人気シリーズのコラボレーションという新しい試みが実現した。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

もっと見る