「大麻解禁の真実」矢部武著

公開日:  更新日:

 日本では大麻を所持するだけで逮捕されるが、欧米では、合法化、非犯罪化が進んでいる。本書は、米国の対麻薬戦争や、日本の麻薬対策の現場をリポートしながら、両国の麻薬規制への考え方の違い、そうした規制を生み出す文化や歴史的背景を考察する。

 米国の大麻禁止法は、1930年代、禁酒法が廃止され失業の危機にさらされた連邦捜査官を救うため、政治的に制定された疑惑があるという。一方、日本では戦前、産業用途の大麻が全国的に栽培されていたが、GHQによって突然禁止された。神道になくてはならない大麻を使わせないようにしたらしい。医療用大麻の効用などを紹介しながら、遅れた日本の薬物対策の現状を指摘する。(宝島社 1300円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る