「猫語のノート」ポール・ギャリコ著、西川治写真、灰島かり訳

公開日:  更新日:

 愛猫家の作家が、猫の「つぶやき」を人間の言葉に「翻訳」、愛らしい彼らの写真とともに紹介したネコ本。「お友だちでしょ。心を広くもってちょうだい。あんまり怒ると、体に悪いわよ。猫に何を期待しているわけ? 聖人になれっての?とにかくダイニングルームのドアを閉めてくこと。そうすれば何の問題も起きないんだから」という一文には、食卓の上を歩く猫の写真が添えられ、納得。

 その他、「子猫でいるのも、ラクじゃないよ。ぼくみたいに心配性だと、なおさらさ。ぼく、いつだって心配している。大きくなるって、どんな感じだろう?……」と子猫の気持ちを代弁したものなど、時に詩的、時に哲学的、そしてユーモアいっぱいの猫の言葉に耳を傾ける。(筑摩書房 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る