「ハレのヒ食堂の朝ごはん」成田名璃子著

公開日:  更新日:

 所持金30円となった27歳の深幸は、援助交際目的で見知らぬ男とホテルに入るが、寸前で恐ろしくなり逃げ出す。行く当てもなくたどり着いた吉祥寺の公園で一夜を明かした深幸は、翌朝、あまりの空腹から猫の餌に頭から突っ込んでしまう。猫に逆襲され、気を失った深幸は、猫に餌を与えていた近くの食堂の晴子と小夜に助けられる。おかゆをごちそうになったお礼に、深幸は身重の小夜に代わって配達を買って出る。配達先はホームレスのアラン会長だった。聞かずとも事情を見抜いた会長の口添えで、深幸は晴子の営む朝ごはん専門店「ハレのヒ食堂」で働き始めるが……。

 生きるのに不器用な晴子と深幸を主人公に描くハートフルストーリー。(角川春樹事務所 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る