• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ブラックバイト学生が危ない」今野晴貴著

 長時間労働や連続勤務、商品の買い取りノルマなど、アルバイトの過重労働が広がっている。学生を食いつぶす、こうした「ブラックバイト」の実態に迫る警世の書。

 飲食店で当初は週4日6時間の契約で働き始めたAさんは、やがて朝10時から26時まで働かされ、大学にも通えなくなってしまった。退職を申し出ると、脅されたり、損害賠償を請求されたりと追い詰められていったという。これは名も知れぬ企業の特殊な例ではなく、大規模チェーン店でも頻繁に起きているそうだ。多くの事例を検証しながら、学生を酷使せざるをえない企業側の事情や、ブラックバイトに絡めとられる若者たちの家庭事情や意識を分析し、その対策法を提示する。(岩波書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

もっと見る