• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ブラックバイト学生が危ない」今野晴貴著

 長時間労働や連続勤務、商品の買い取りノルマなど、アルバイトの過重労働が広がっている。学生を食いつぶす、こうした「ブラックバイト」の実態に迫る警世の書。

 飲食店で当初は週4日6時間の契約で働き始めたAさんは、やがて朝10時から26時まで働かされ、大学にも通えなくなってしまった。退職を申し出ると、脅されたり、損害賠償を請求されたりと追い詰められていったという。これは名も知れぬ企業の特殊な例ではなく、大規模チェーン店でも頻繁に起きているそうだ。多くの事例を検証しながら、学生を酷使せざるをえない企業側の事情や、ブラックバイトに絡めとられる若者たちの家庭事情や意識を分析し、その対策法を提示する。(岩波書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る