「葵の月」梶よう子著

公開日:  更新日:

 志津乃は、継母の時世が進める信吾郎との縁談に乗り気がしない。かつてのいいなずけ・蒼馬が忘れられないからだった。父の惣太夫は、将軍世嗣・家斉が居住する西丸の書院番組頭で、蒼馬は父の配下で働いていた。

 3年前、次期将軍として期待されていた家治の嗣子・家基が鷹狩りの際に立ち寄った寺で出された茶を喫した直後に不調を訴え3日後に息を引き取った。家基に随行していた蒼馬は、1年後に志津乃に一言「すまぬ」と言い残し出奔。今も行方が分からない。信吾郎から蒼馬が家基暗殺の犯人として疑われていることを耳にした志津乃は、真相を求め、蒼馬の行方を捜す。

「ヨイ豊」が直木賞候補となった注目の著者による時代長編。(KADOKAWA 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る