• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『大正』を読み直す」子安宣邦著

「大正デモクラシー」の発火点を、近代日本最初の民衆騒擾「日比谷事件」(1905年)とすると、「米騒動」(1918年)をその結節点と見ることができる。こうした歴史的局面で、集合し抗議の意思表示をする不特定の社会的集合体「大衆」が存立した「大正」は、「大衆社会」成立の時代だと著者は説く。

 本書は、大正前夜の「大逆事件」をはじめ、幸徳秋水の「直接行動論」、大杉栄の思想、河上肇の「貧乏物語」などを読み解きながら、昭和の全体主義を生み落とした「大正」について考察した歴史テキスト。「大衆的喝采」なしには「全体主義」は成立しない。大正の「大衆社会」の早期的成立が昭和の全体主義成立、そして現代へとつながる背景を論じる。(藤原書店 3000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る