「紙の建築 行動する」坂茂著

公開日: 更新日:

 著者は世界でも類を見ない「紙の建築」を実用化した建築家。紙の建築とは紙管を構造物として使う建築で、氏は恒久建築物や震災後の仮設建築物として世界各地で避難民を支援してきた。そんな氏が紙の建築に対する思いをつづったエッセー。

 紙の建築の発想のはじまりは「もったいない」という気持ちからだった。当初は仮設や小規模建築で実験的に開発。そして建築基準法の認定を受けるために必要のない別荘を建てて1993年に認定を取得する。95年の阪神大震災での「紙の教会」や仮設住宅となる「紙のログハウス」など被災地で携わった建築をはじめ、これまで世に送り出してきた作品を振り返りながら、建築の社会的使命を語る。(岩波書店 1360円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  2. 2

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  9. 9

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  10. 10

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る