「紙の建築 行動する」坂茂著

公開日:  更新日:

 著者は世界でも類を見ない「紙の建築」を実用化した建築家。紙の建築とは紙管を構造物として使う建築で、氏は恒久建築物や震災後の仮設建築物として世界各地で避難民を支援してきた。そんな氏が紙の建築に対する思いをつづったエッセー。

 紙の建築の発想のはじまりは「もったいない」という気持ちからだった。当初は仮設や小規模建築で実験的に開発。そして建築基準法の認定を受けるために必要のない別荘を建てて1993年に認定を取得する。95年の阪神大震災での「紙の教会」や仮設住宅となる「紙のログハウス」など被災地で携わった建築をはじめ、これまで世に送り出してきた作品を振り返りながら、建築の社会的使命を語る。(岩波書店 1360円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る