• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「下町呑んだくれグルメ道」畠山健二著

 下町生まれの著者によるB級グルメエッセー。

 充実した朝食にありつきたいときは大衆食堂に行くという氏。昼や夜に外食をするのはケチくさい人間のやることで、多くの人が満員電車に揺られている時間に外食することこそが心のぜいたくなのだと。そして、行きつけの「五つ星」大衆食堂の極上メニューと、7年通って編み出した裏技を披露。その他、録画しておいた時代劇を見るときに欠かせないカリカリ梅、テキ屋の元締がその極意を知りたがった行列のできる露店の「ヤキソバ」の作り方、それが食べたくてカレーにするのではないかと錯覚してしまう福神漬けを食べる作法など。

 少々のお色気を隠し味に笑いに包んでつづる食への飽くなきこだわり。(河出書房新社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る