「下町呑んだくれグルメ道」畠山健二著

公開日: 更新日:

 下町生まれの著者によるB級グルメエッセー。

 充実した朝食にありつきたいときは大衆食堂に行くという氏。昼や夜に外食をするのはケチくさい人間のやることで、多くの人が満員電車に揺られている時間に外食することこそが心のぜいたくなのだと。そして、行きつけの「五つ星」大衆食堂の極上メニューと、7年通って編み出した裏技を披露。その他、録画しておいた時代劇を見るときに欠かせないカリカリ梅、テキ屋の元締がその極意を知りたがった行列のできる露店の「ヤキソバ」の作り方、それが食べたくてカレーにするのではないかと錯覚してしまう福神漬けを食べる作法など。

 少々のお色気を隠し味に笑いに包んでつづる食への飽くなきこだわり。(河出書房新社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る