「靖国と千鳥ケ淵」伊藤智永著

公開日:  更新日:

 陸軍省高級副官・美山要蔵の評伝。美山は近年、A級戦犯合祀の黒幕と叩かれた人物。その理由は、東条英機元首相から戦後の靖国のあり方について密命を授けられたことと、靖国神社を所管する陸軍省の高級副官の職責として臨時大招魂祭を挙行し、戦後の合祀再開への布石を打ったとされるからだ。

 しかし、著者は綿密な取材から、戦後の靖国合祀について手続きの仕組みを整えたのは美山だったが、A級戦犯合祀が実際に行われるに至った決断や意図については美山の周知するところではないという。後年、美山は靖国と対決し千鳥ケ淵墓苑の創設と維持に残りの人生をささげた。美山の幼少期からその人生をたどり、A級戦犯合祀とは何かを考える。(講談社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る