「靖国と千鳥ケ淵」伊藤智永著

公開日: 更新日:

 陸軍省高級副官・美山要蔵の評伝。美山は近年、A級戦犯合祀の黒幕と叩かれた人物。その理由は、東条英機元首相から戦後の靖国のあり方について密命を授けられたことと、靖国神社を所管する陸軍省の高級副官の職責として臨時大招魂祭を挙行し、戦後の合祀再開への布石を打ったとされるからだ。

 しかし、著者は綿密な取材から、戦後の靖国合祀について手続きの仕組みを整えたのは美山だったが、A級戦犯合祀が実際に行われるに至った決断や意図については美山の周知するところではないという。後年、美山は靖国と対決し千鳥ケ淵墓苑の創設と維持に残りの人生をささげた。美山の幼少期からその人生をたどり、A級戦犯合祀とは何かを考える。(講談社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る