• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「闇ウェブ」セキュリティ集団スプラウト著

 サイバー犯罪の温床となっている「ダークウェブ」の実態を解説した時事テキスト。

 インターネットの空間の奥底には、一般的な検索エンジンで見つけられず、専用のソフトウエアによる通信方法でしかアクセスできない空間があるという。それがダークウェブだ。

 そこでは麻薬をはじめ銃器、偽造パスポートや証明書、偽札、ハッキングツール、そして違法ポルノのデータや流出情報まで、ありとあらゆるモノが売買されている。一般人には無縁の世界のようにも思えるが、サイバー闇市場でもっとも多く取引されているのが個人情報だという。

 盗み出された個人情報の行方など、既存のルールも価値観も通用しないサイバー空間の最前線で何が起きているのかを詳述。(文藝春秋 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る