• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「闇ウェブ」セキュリティ集団スプラウト著

 サイバー犯罪の温床となっている「ダークウェブ」の実態を解説した時事テキスト。

 インターネットの空間の奥底には、一般的な検索エンジンで見つけられず、専用のソフトウエアによる通信方法でしかアクセスできない空間があるという。それがダークウェブだ。

 そこでは麻薬をはじめ銃器、偽造パスポートや証明書、偽札、ハッキングツール、そして違法ポルノのデータや流出情報まで、ありとあらゆるモノが売買されている。一般人には無縁の世界のようにも思えるが、サイバー闇市場でもっとも多く取引されているのが個人情報だという。

 盗み出された個人情報の行方など、既存のルールも価値観も通用しないサイバー空間の最前線で何が起きているのかを詳述。(文藝春秋 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る