「闇ウェブ」セキュリティ集団スプラウト著

公開日:  更新日:

 サイバー犯罪の温床となっている「ダークウェブ」の実態を解説した時事テキスト。

 インターネットの空間の奥底には、一般的な検索エンジンで見つけられず、専用のソフトウエアによる通信方法でしかアクセスできない空間があるという。それがダークウェブだ。

 そこでは麻薬をはじめ銃器、偽造パスポートや証明書、偽札、ハッキングツール、そして違法ポルノのデータや流出情報まで、ありとあらゆるモノが売買されている。一般人には無縁の世界のようにも思えるが、サイバー闇市場でもっとも多く取引されているのが個人情報だという。

 盗み出された個人情報の行方など、既存のルールも価値観も通用しないサイバー空間の最前線で何が起きているのかを詳述。(文藝春秋 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る