「フランス文学は役に立つ!」鹿島茂著

公開日:  更新日:

 今ではすっかり顧みられなくなってしまったフランス文学だが、そこで描かれるテーマの多くは、個(自我)と家族、個(自我)と社会という現代日本が直面する問題だと著者はいう。日本の現状を理解するのに役立つお薦めのフランス文学の名作を紹介するブックガイド。

「親が子どもに階級上昇の夢を託そうとしたときに子どもがどのような思いをするのか」が分かる「子ども」(ジュール・ヴァレス作、1879年)をはじめ、「女性が誰の手も借りずに社会で生きてゆこうと決意するとどのような恋愛が残されているのか」を描いた「シェリ」(1920年、コレット作)など、24編の名作を読み解く。(NHK出版 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る