• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「フランス文学は役に立つ!」鹿島茂著

 今ではすっかり顧みられなくなってしまったフランス文学だが、そこで描かれるテーマの多くは、個(自我)と家族、個(自我)と社会という現代日本が直面する問題だと著者はいう。日本の現状を理解するのに役立つお薦めのフランス文学の名作を紹介するブックガイド。

「親が子どもに階級上昇の夢を託そうとしたときに子どもがどのような思いをするのか」が分かる「子ども」(ジュール・ヴァレス作、1879年)をはじめ、「女性が誰の手も借りずに社会で生きてゆこうと決意するとどのような恋愛が残されているのか」を描いた「シェリ」(1920年、コレット作)など、24編の名作を読み解く。(NHK出版 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る