• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「九十三歳の関ケ原弓大将大島光義」近衛龍春著

 永禄3(1560)年、信長率いる織田軍が美濃の墨俣に出陣。迎え撃つ美濃の齋藤家の重臣長井隼人正道利に仕える弓の名手・大島甚六光義は、2町(約208メートル)先の織田兵を次々と射倒す。信長を狙った渾身の一矢は、本陣旗に命中し、織田軍は退却する。

 7年後、今度は秀吉が指揮を執る織田軍が齋藤家の居館である稲葉山城を襲ってきた。還暦の光義も戦場に立ち、弓を放ち続けるが、ついに落城。戦場で敵兵に囲まれた光義だが、現れた小一郎(秀吉の弟)にその弓の腕前を買われ、秀吉に仕えるよう誘われる。そして、誘いを断り所領に戻った光義を信長の家臣・大田信定が訪ねてくる――。

 93歳まで戦場に立った実在の武将の生涯を描く時代小説。(新潮社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る