• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「九十三歳の関ケ原弓大将大島光義」近衛龍春著

 永禄3(1560)年、信長率いる織田軍が美濃の墨俣に出陣。迎え撃つ美濃の齋藤家の重臣長井隼人正道利に仕える弓の名手・大島甚六光義は、2町(約208メートル)先の織田兵を次々と射倒す。信長を狙った渾身の一矢は、本陣旗に命中し、織田軍は退却する。

 7年後、今度は秀吉が指揮を執る織田軍が齋藤家の居館である稲葉山城を襲ってきた。還暦の光義も戦場に立ち、弓を放ち続けるが、ついに落城。戦場で敵兵に囲まれた光義だが、現れた小一郎(秀吉の弟)にその弓の腕前を買われ、秀吉に仕えるよう誘われる。そして、誘いを断り所領に戻った光義を信長の家臣・大田信定が訪ねてくる――。

 93歳まで戦場に立った実在の武将の生涯を描く時代小説。(新潮社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る