「九十三歳の関ケ原弓大将大島光義」近衛龍春著

公開日:  更新日:

 永禄3(1560)年、信長率いる織田軍が美濃の墨俣に出陣。迎え撃つ美濃の齋藤家の重臣長井隼人正道利に仕える弓の名手・大島甚六光義は、2町(約208メートル)先の織田兵を次々と射倒す。信長を狙った渾身の一矢は、本陣旗に命中し、織田軍は退却する。

 7年後、今度は秀吉が指揮を執る織田軍が齋藤家の居館である稲葉山城を襲ってきた。還暦の光義も戦場に立ち、弓を放ち続けるが、ついに落城。戦場で敵兵に囲まれた光義だが、現れた小一郎(秀吉の弟)にその弓の腕前を買われ、秀吉に仕えるよう誘われる。そして、誘いを断り所領に戻った光義を信長の家臣・大田信定が訪ねてくる――。

 93歳まで戦場に立った実在の武将の生涯を描く時代小説。(新潮社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る