• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「買っていい一流マンション ダメな三流マンション」碓井民朗著

 一流と三流を判断するためには、構造の基本を知ることが必要。一般には鉄筋コンクリート造り、超高層なら鉄骨造りなどがあるが、上階と下階で構造が異なると、継ぎ目の部分が弱くなる。

 また、室内の床と天井は、二重床、二重天井が必要最低条件だが、階高を抑えるために床のスラブ(コンクリート)に直接仕上げ材を張った直床や上階の床スラブに直接クロスを張った直天井にすることもある。

 その場合、リフォームしても排水管や電気の配線を動かせず、水回りや照明器具の位置が変えられないし、遮音性も低くなる。

 建築家が一流と三流を見分けるために知っておくべき56のポイントを解説。(ダイヤモンド社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る