• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「手蹟指南所『薫風堂』」野口卓著

 野口卓は、デビュー作「軍鶏侍」の作風から「朴訥で真っすぐ」とのイメージを抱きやすいが、その後の「ご隠居さん」シリーズや、「北町奉行所朽木組」シリーズなどを見ると、もっと幅広い作家であることがわかる。

 しかし「器用」というキャッチフレーズはやっぱり野口卓に合わない気もするので、はて何だろうと思っていた。本書を読みながら、はっと気がついた。野口卓は、懐が深い作家なのだ。だから、「軍鶏侍」「ご隠居さん」「北町奉行所朽木組」という持ち味の異なるシリーズが自然に同居できるのである。本書もそういう一冊だ。

 これは、浪人・雁野直春が手習所を始める話である。薪炭商の店を息子にまかせた忠兵衛老人に人柄を見込まれて手習所をまかされるのだが、直春の生い立ちにはちょっと複雑な事情がある。それをここで紹介すると長くなるので省くけれど、その背景の事情をはじめとして手習所に通う子供らや周囲の人間たちのさまざまな人間関係がドラマの奥行きをつくっている点は見逃せない。

 なによりも、おやっと思うのはこれが恋の物語であることだ。こういう物語を野口卓が書くのは初めてである。その点でも異色の、この作家の懐の深さを表す作品といっていい。その恋のお相手が誰なのかは読んでのお楽しみにしておく。

 青春時代劇としてテレビドラマの原作にぴったりではないかと思うが、どうか。(KADOKAWA 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る