「漂うままに島に着き」内澤旬子著

公開日: 更新日:

 がんのホルモン療法の副作用がきっかけで狭い場所や騒音が苦手になった著者は考えた。やっぱり東京を出よう。小豆島にある出版社からイラストの依頼があり、知人の装丁家が小豆島に移転することもあって、遊びに行くことに。空き家バンクの物件を見たら昔の日本家屋が9DKで家賃4万円! ワクワクしながら海に近い物件を見て回った。移住したくなり、バンクに登録して探しつづけ、海が見える家に決定。台所と玄関脇の部屋から海がどーんと見える。しかも東向きだから、月が海から上るのが見えるってことだ!!

 東京を捨てて小豆島に移住したイラストレーターの引っ越し顛末記。(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  6. 6

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る