「ブルーネス」伊与原新著

公開日: 更新日:

 地震研究所で地震の前兆すべりの研究をしていた準平は、東日本大震災をきっかけに辞職した。海洋地球総合研究所の武智に誘われ、面接に向かう途中で、見知らぬ男に声をかけられた。男は自分が立ち上げようとしているベンチャーに協力してくれる研究者を探していると言って、準平に連絡先のメモを渡した。その後、面接を受けた準平は、武智から、新しい津波監視システムの開発計画を打ち明けられる。だが、その計画は、研究所では武智の〈ご乱心〉と揶揄されていた。

〈地震村〉からはみだした研究者らが津波予測のプロジェクトに取り組む姿を描く、熱い科学エンターテインメント。(文藝春秋 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  2. 2

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  5. 5

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  6. 6

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  7. 7

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  8. 8

    時代の流れに逆行…花形種目のマラソンが五輪から消える日

  9. 9

    渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

  10. 10

    「FNS27時間テレビ」過去最低5.8%記録 では最高視聴率は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る