• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ブルーネス」伊与原新著

 地震研究所で地震の前兆すべりの研究をしていた準平は、東日本大震災をきっかけに辞職した。海洋地球総合研究所の武智に誘われ、面接に向かう途中で、見知らぬ男に声をかけられた。男は自分が立ち上げようとしているベンチャーに協力してくれる研究者を探していると言って、準平に連絡先のメモを渡した。その後、面接を受けた準平は、武智から、新しい津波監視システムの開発計画を打ち明けられる。だが、その計画は、研究所では武智の〈ご乱心〉と揶揄されていた。

〈地震村〉からはみだした研究者らが津波予測のプロジェクトに取り組む姿を描く、熱い科学エンターテインメント。(文藝春秋 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る