「ブルーネス」伊与原新著

公開日: 更新日:

 地震研究所で地震の前兆すべりの研究をしていた準平は、東日本大震災をきっかけに辞職した。海洋地球総合研究所の武智に誘われ、面接に向かう途中で、見知らぬ男に声をかけられた。男は自分が立ち上げようとしているベンチャーに協力してくれる研究者を探していると言って、準平に連絡先のメモを渡した。その後、面接を受けた準平は、武智から、新しい津波監視システムの開発計画を打ち明けられる。だが、その計画は、研究所では武智の〈ご乱心〉と揶揄されていた。

〈地震村〉からはみだした研究者らが津波予測のプロジェクトに取り組む姿を描く、熱い科学エンターテインメント。(文藝春秋 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る

人気キーワード