• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヌメロ・ゼロ」ウンベルト・エーコ著、中山エツコ訳

 物語の舞台は、1992年のミラノ。翻訳やゴーストライターをしながら食いつないできた敗北者を自称する五十男のコロンナのもとに、新たな仕事の依頼が持ち込まれた。それは、日刊紙「ドマーニ」の発刊にあたり創刊準備号となるゼロ号を制作する仕事。暴露記事を専門とするブラッガドーチョ、毒のある記事が得意なルチディ、ゴシップ誌の芸能記事担当だった女性記者マイアなど、アクの強いメンバーが集められた。

 ところが、握りつぶされた真実を告発するインディペンデント紙としてスタートするはずが、そこには出資者の恐るべき企みがあった……。

 今年2月に死去した世界的ベストセラー作家が書いた最後のミステリー小説。イタリアで実際に起きた出来事や実在の人物を下敷きにして、新聞報道がどのように情報操作されていくのか、ミラノの新聞社を舞台にその手の内を赤裸々に見せていく。どんな事件でもすぐに忘れてしまう大衆が、いかに仕立てられたニュースに踊らされて、いいようにミスリードされてしまうのか。日本も決してヒトゴトとはいえない、歪められた報道の危うさに、背筋が凍る。(河出書房新社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る