「サイレント・ブレス」南杏子著

公開日: 更新日:

 大学病院の医師、水戸倫子は、大河内教授から在宅医療を行う訪問クリニックへの左遷を命じられた。

 初日最後の患者はジャーナリストの知守綾子。末期の乳がん患者で、死ぬために自宅に戻ったという。新しい抗がん剤の治験を断り、たばこもやめようとしない。綾子の自宅には、怪しげなスキンヘッドの男も出入りしている。戸惑う倫子に大河内教授は、「治る患者を治す平和な治療だけしていると、人が死ぬということを忘れがちなんだよ。治らない患者から目をそらしてはいけない」と諭す。綾子の死後、倫子の元に一冊の本が届いた。

 現役の医師が終末期医療のあり方を問う医療ミステリー。(幻冬舎 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る

人気キーワード