「サイレント・ブレス」南杏子著

公開日:

 大学病院の医師、水戸倫子は、大河内教授から在宅医療を行う訪問クリニックへの左遷を命じられた。

 初日最後の患者はジャーナリストの知守綾子。末期の乳がん患者で、死ぬために自宅に戻ったという。新しい抗がん剤の治験を断り、たばこもやめようとしない。綾子の自宅には、怪しげなスキンヘッドの男も出入りしている。戸惑う倫子に大河内教授は、「治る患者を治す平和な治療だけしていると、人が死ぬということを忘れがちなんだよ。治らない患者から目をそらしてはいけない」と諭す。綾子の死後、倫子の元に一冊の本が届いた。

 現役の医師が終末期医療のあり方を問う医療ミステリー。(幻冬舎 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る