「サイレント・ブレス」南杏子著

公開日:

 大学病院の医師、水戸倫子は、大河内教授から在宅医療を行う訪問クリニックへの左遷を命じられた。

 初日最後の患者はジャーナリストの知守綾子。末期の乳がん患者で、死ぬために自宅に戻ったという。新しい抗がん剤の治験を断り、たばこもやめようとしない。綾子の自宅には、怪しげなスキンヘッドの男も出入りしている。戸惑う倫子に大河内教授は、「治る患者を治す平和な治療だけしていると、人が死ぬということを忘れがちなんだよ。治らない患者から目をそらしてはいけない」と諭す。綾子の死後、倫子の元に一冊の本が届いた。

 現役の医師が終末期医療のあり方を問う医療ミステリー。(幻冬舎 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る