• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「国家とハイエナ」黒木亮著

 今年の2月、アルゼンチンと米国ヘッジファンドとの間で争われていた債務返済に関して合意が成立したというニュースが報じられた。本書は、この国を相手取った訴訟に勝利を収めたヘッジファンドの実態を詳細に描いた本格国際金融小説。

「法律書を持ったハイエナ」の異名をとるサミュエル・ジェイコブスは、不良債権投資で巨利を得るヘッジファンドの創業者兼CEO。同社は破綻した国家の債権をタダ同然の安値で手に入れ、額面に金利や遅滞損害金を含めた金額を払えと米国や英国の裁判所で訴訟を起こし、投資額の10倍、20倍のリターンを上げ、〈ハイエナ・ファンド〉とあだ名される。

 そのターゲットは、ペルー、ザンビア、コンゴ共和国、アルゼンチンといった重債務貧困国(HIPC)。債権回収のためには原油タンカーの差し押さえなど容赦なく、強力な弁護団を擁して国家を相手取る。こうした動きを阻止すべく奮闘するのが発展途上国支援のNGO。本書に描かれるヘッジファンド、国家、NGOの三つ巴の戦いは、ほぼ現実そのままというのが衝撃的。(幻冬舎 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る