「ノスタルジー1972」中島京子 早見和真 朝倉かすみ 堂場瞬一 重松清 皆川博子著

公開日:

 グアム島で横井庄一発見、札幌オリンピック、連合赤軍あさま山荘事件、外務省機密漏洩事件、沖縄返還、日中国交回復、カンカン・ランラン来日……思えば、これらの事件・出来事が起きた1972年は、日本にとって大きな節目の年だった。この1972年をテーマに6人の作家が競作する。

 幕開けは中島京子のモハメド・アリの来日と川端康成の自殺を織り込んだ母の失踪の物語。続く早見和真は、孫の安保法制反対運動と祖母の沖縄返還反対運動を二重写しにする。朝倉かすみは札幌オリンピックの日の丸飛行隊の活躍を応援する家族だんらんを見ながら疎外感を味わう少女の心情を描く。恋人の婦人警官から得たネタでスクープを書くべきか葛藤する新聞記者を描く堂場瞬一。残留日本兵のニュースで戦争で失った息子の思い出を蘇らせる祖母とパンダを見たがる孫の切ない思いをつづる重松清。トリを飾るのは、自らのデビュー時とアートシアターの清水邦夫の演劇を重ねていく皆川博子。滋味あふれるぜいたくなアンソロジー。(講談社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る