「メソッド15/33」シャノン・カーク著、横山啓明訳

公開日: 更新日:

 16歳の高校生の「わたし」は、ある朝、登校途中に何者かに誘拐される。森の中にあると思われる一軒家に監禁されたわたしは、犯人たちの目的が身代金などではなく、妊娠7カ月のわたしのお腹の中の子どもだと気づく。ただ、犯人たちはわたしが普通の高校生と違うことを知らなかった。自宅の地下に研究所並みの施設を持ち、科学の実験に明け暮れるわたしは、自分の感情も意思でコントロールすることができる。状況を冷静に分析し、排せつ用に与えられたバケツの取っ手など、わずかな品々を組み合わせ、わたしは入念に脱出と復讐の計画を練り上げる。

 少女の脱出劇とFBI捜査官の誘拐捜査を並行して描くノンストップミステリー。

(早川書房 1080円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る