• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「襲撃」今野敏著

 かつてフルコンタクト空手で世界の頂点を目指していた美崎は、膝を痛め選手生活を断念。自暴自棄の生活を経て、沖縄で琉球古流の空手を学び、今は整体師としてさまざまなジャンルのスポーツ選手を支えていた。ある日、格闘家の星野の出張治療から帰宅した美崎は、自宅兼診療所の前で4人組に襲撃される。不意を突かれた美崎は一方的に打ちのめされる。何とか難を逃れたが、犯人に心当たりはない。翌日、訪ねてきた診療所の常連で刑事の赤城によると、美崎の顧客の中華マフィア・劉の手下が何者かに殺されたという。一方で、美崎は患者の新体操の選手・有里からストーカーの相談を受ける。

 見えない敵に狙われる美崎を主人公に描く痛快アクションミステリー。(実業之日本社 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る