• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「この『食べ合わせ』が、がんにならない」白鳥早奈英著

 米国「国立がん研究所」が推奨するがん予防効果のある食品を解説した健康本。

 取り上げられる食材は、前立腺がん予防やがん細胞増殖抑制への有効性が解明されているニンニクをはじめ、大腸がん予防効果がある玄米やそば、がんの発育を抑制するオメガ3系脂肪酸を多く含むイワシなど20余品目。それぞれの成分やその作用を紹介。その上で、イワシのビタミンB6がブロッコリーのがんを防ぐスルフォラファンの効果を高める「イワシ+ブロッコリー」や、「まいたけ+豚レバー」など、それぞれの食品の効果が最も上がる理想的な「食べ合わせ」を伝授。さらに、「ターメリックたっぷり野菜カレー」など、予防に最強の料理まで紹介したおいしいがん予防のススメ。(祥伝社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る