「この『食べ合わせ』が、がんにならない」白鳥早奈英著

公開日:

 米国「国立がん研究所」が推奨するがん予防効果のある食品を解説した健康本。

 取り上げられる食材は、前立腺がん予防やがん細胞増殖抑制への有効性が解明されているニンニクをはじめ、大腸がん予防効果がある玄米やそば、がんの発育を抑制するオメガ3系脂肪酸を多く含むイワシなど20余品目。それぞれの成分やその作用を紹介。その上で、イワシのビタミンB6がブロッコリーのがんを防ぐスルフォラファンの効果を高める「イワシ+ブロッコリー」や、「まいたけ+豚レバー」など、それぞれの食品の効果が最も上がる理想的な「食べ合わせ」を伝授。さらに、「ターメリックたっぷり野菜カレー」など、予防に最強の料理まで紹介したおいしいがん予防のススメ。(祥伝社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る