「この『食べ合わせ』が、がんにならない」白鳥早奈英著

公開日: 更新日:

 米国「国立がん研究所」が推奨するがん予防効果のある食品を解説した健康本。

 取り上げられる食材は、前立腺がん予防やがん細胞増殖抑制への有効性が解明されているニンニクをはじめ、大腸がん予防効果がある玄米やそば、がんの発育を抑制するオメガ3系脂肪酸を多く含むイワシなど20余品目。それぞれの成分やその作用を紹介。その上で、イワシのビタミンB6がブロッコリーのがんを防ぐスルフォラファンの効果を高める「イワシ+ブロッコリー」や、「まいたけ+豚レバー」など、それぞれの食品の効果が最も上がる理想的な「食べ合わせ」を伝授。さらに、「ターメリックたっぷり野菜カレー」など、予防に最強の料理まで紹介したおいしいがん予防のススメ。(祥伝社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

  10. 10

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

もっと見る